種村求 ブログ

spacer_line
2012.1.6
過払金返還請求訴訟と「悪意の受益者」 5

 「過払金返還請求訴訟と『悪意の受益者』 2」で紹介した最高裁平成19年7月13日判決(民集61巻5号1980頁)及び最高裁平成19年7月13日判決(裁判集民事225号103頁)と,「

spacer_line
2012.1.5
過払金返還請求訴訟と「悪意の受益者」 4

 最高裁平成19年7月13日判決(民集61巻5号1980頁)及び最高裁平成19年7月13日判決(裁判集民事225号103頁)については,「過払金返還請求訴訟と『悪意の受益者』 2」で,最高裁平成21年7月10日判決(民集 … 続きを読む

spacer_line
2012.1.4
過払金返還請求訴訟と「悪意の受益者」 3

 消費者金融会社(サラ金)等の貸金業者が「悪意の受益者」に該当するかどうかについて厳格に考えられていることはは,「過払金返還請求訴訟と『悪意の受益者』 2 」に記載したとおりです。  ところが,最高裁平成21年7月10日 … 続きを読む

spacer_line
2012.1.3
過払金返還請求訴訟と「悪意の受益者」 2

 消費者金融会社(サラ金)等の貸金業者が「悪意の受益者」に該当するとどのようなことになるのかについては,「過払金返還請求訴訟と『悪意の受益者』 1 」に記載したとおりです。  では,貸金業者が「悪意の受益者」に該当するか … 続きを読む

spacer_line
2011.12.31
過払金返還請求訴訟と「悪意の受益者」 1

 近時,過払金返還請求訴訟(不当利得返還請求訴訟)における「悪意の受益者」に該当するかどうかに関し,プロミス(株)に対するもの,CFJ(合)に対するもの,及びアコム(株)に対するものと,3件の最高裁判決が出されましたので … 続きを読む

spacer_line
2011.12.24
弁護士数の増加と川崎支部を巡る問題 5

 「弁護士数の増加と川崎支部を巡る問題 2」で取り上げた日弁連の記者会見資料によれば,本年度,司法研修所を卒業し,裁判所・検察庁に任官(それぞれ,任官・任検というように言われます。)していないにもかかわらず,弁護士未登録 … 続きを読む

spacer_line
2011.12.23
弁護士数の増加と川崎支部を巡る問題 4

  川崎支部内において会員(弁護士)数が激増していることとそのメリットについては,「弁護士数の増加と川崎支部を巡る問題 1」で記載したとおりです。  しかし,他方で,デメリットもあります。  平成23年8月5日付当ブログ … 続きを読む

spacer_line
2011.12.22
弁護士数の増加と川崎支部を巡る問題 3

 全国の弁護士会(単位会)における新規登録者数と会員数については,「弁護士数の増加と川崎支部を巡る問題 2」に記載したとおりです。  これと川崎支部の会員数を比較してみましょう。  全国の弁護士会(単位会)は,基本的に1 … 続きを読む

spacer_line
2011.12.21
弁護士数の増加と川崎支部を巡る問題 2

 川崎支部内において会員(弁護士)数が激増していることとそのメリットについては,「弁護士数の増加と川崎支部を巡る問題 1」で記載したとおりです。    では,川崎支部の会員数というのは,全国的に見るとどのように位置づけら … 続きを読む

spacer_line
2011.12.18
弁護士数の増加と川崎支部を巡る問題 1

 平成23年12月16日付当ブログの「岩永修習生,二回試験合格」 にて記載したとおり,平成23年12月15日付で岩永修習生が弁護士登録を済ませました。  同様に司法修習を終了した修習生が同日付で一斉登録を行ったため,横浜 … 続きを読む

spacer_line
ページの先頭へ戻る