(20)死亡慰謝料

ア (C) 赤本基準
 赤本では,死亡慰謝料について以下のように記載されています。
「一家の支柱・・・・・・・・・・・2,800万円
 母親,配偶者・・・・・・・・・ 2,400万円
 その他・・・・・・・・・・・・・・・2,000万円~2,200万円

 本基準は具体的な斟酌事由により,増減されるべきで,一応の目安を示したものである。」。

イ (A) 自賠責保険支払基準
 (A) 自賠責保険支払基準では,次のように規定されています。
「(ア) 死亡本人の慰謝料
 死亡本人の慰謝料は,350万円とする。
 (イ) 遺族の慰謝料
 慰謝料の請求権者は,被害者の父母(養父母を含む。),配偶者及び子(養子,認知した子及び胎児を含む。)とし,その額は,請求権者1人の場合には550万円とし,2人の場合には650万円とし,3人以上の場合には750万円とする。
 なお,被害者に被扶養者がいるときは,上記金額に200万円を加算する。」。

 
ウ (B) 旧任意保険統一支払基準
 (B) 旧任意保険統一支払基準では,次のように扱われています。
 一家の支柱・・・・・・・・・・・・・・・・1,700万円
 被害者が未就労で18歳未満・・・・1,400万円
 被害者が65歳以上の高齢者・・・・1,250万円
 被害者が上記以外の場合・・・・・・1,450万円

エ 比較
 (A) 自賠責保険支払基準の規定からすると,同基準によれば,死亡慰謝料として認められる金額が800万円から1,300万円の間ということが分かります。
 そのため,(A) 自賠責保険支払基準にせよ,(B) 旧任意保険統一支払基準にせよ,(C) 赤本基準に比べて著しく低額となっていることが分かります。



報酬規定についてはこちら



法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
相続専門サイト 企業法務サイト
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る