民暴 クレーマー対策

spacer_line

 個人・企業に対するものを問わず,暴力団等の反社会的勢力やクレーマー等の執拗な攻撃を受けることがあります。
 このような攻撃を受けたときの対処方法・攻撃を受けないような未然の防止策について提案・実行いたします。

民事介入暴力(暴力団被害)・クレーマー対策一覧

spacer_line
※ 本章の記載は,概ね,横浜弁護士会民事介入暴力対策取締委員会『【業種別】不当要求防止マニュアル-反社会的勢力に負けない社会の実現のために-』の抜粋となります。
  本書は横浜弁護士会HP 「【書籍販売】『【業種別】不当要求防止マニュアル―反社会的勢力に負けない社会の実現のために―』を発刊しました。」 にて購入可能ですので,詳細をお知りになりたい方はご購入いただければと思います。

目次

1 民事介入暴力・クレーマー問題について弁護士に依頼されたら

(1)反社会的勢力との関係を遮断するための措置

(2)不当要求行為がなされた場合の措置


2 不当要求排除・反社会的勢力との関係遮断の必要性

(1)企業(事業者)の損失回避(企業防衛)

(2)企業(事業者)の社会的責任・コンプライアンス遵守

(3)治安対策


3 暴力団の基礎知識

(1)知っておきたい用語

(2)指定暴力団

(3)特定抗争指定暴力団等

(4)特定危険指定暴力団等

(5)暴力団共通の性格

4 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)

(1)中止命令

(2)再発防止命令

(3)用心棒行為等防止命令

(4)請求妨害防止命令

(5)暴力行為の賞揚等の禁止命令

(6)事務所使用制限命令

(7)暴対法第9条に掲げる暴力的要求行為

(8)指定暴力団の代表者等の損害賠償責任の追及


5 企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針(反社指針)


6 暴力団排除条例(暴排条例)

(1)神奈川県暴力団排除条例

(2)他の都道府県において制定されている暴力団排除条例


7 暴力団排除条項(暴排条項)

(1)意義

(2)暴力団排除条項の必要性

(3)暴力団排除条項の機能


8 クレーマー対策特有の問題

(1)クレーマー対応の基本

(2)クレーマー対応における3段階のプロセス


暴力団関係者から不当な要求を受けたら

spacer_line

 暴力団関係者から不当な要求を受けると,たいていの人は,こわがったり身の危険を感じたりして,お金で解決できるのならと,要求に屈してしまいがちです。
 しかし,ひとたび要求に応じてしまうと,また次の理由をつけてさらに要求がエスカレートしていくのが暴力団です。
 暴力団関係者からの不当な要求に対しては,毅然とした態度で応じるのが肝要です。
 とはいえ,通常は暴力団関係者を相手にして「そのような要求には応じられない」と怯まずに対応できることはなかなか困難です。
 弁護士に依頼されれば,弁護士において,警察と連携しながら,暴力団関係者との対応・やりとり一切をあなたに代わって行います。
 弁護士に相談したことで,かえって危険な目にあうなどということはありません。暴力団関係者があなたに会いに来ないようにする面談禁止の仮処分のような法的措置をとることもできます。
 不当な要求に屈することなく徹底的に戦うために,あなたとご家族を守るために,まずは弁護士にご相談ください。

よくあるお問い合わせ

spacer_line

・暴力団関係者から不当なお金の支払いを要求されて,困っています。
・私が貸していたマンションに,いつの間にか暴力団関係者風の男が居座っており,出て行ってくれません。
・暴力団関係者との取引を打ち切りたいのですが。。。

報酬既定についてはこちら

法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
相続専門サイト 企業法務サイト
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る