Q3 法人全体としては大赤字を計上して資金繰りにも行き詰まっているのですが,大幅な黒字を計上し今後の伸びも期待できる部門があります。どのような債務整理が可能でしょうか?

spacer_line
A 法人全体が立ちゆかないとしても,その黒字で今後の伸びも期待できるという有望な部門があるのであれば,その部門に所属する従業員の雇用を守るように努力するのが経営者の務めといえるように思います。  そのため,その有望部門とそれ以外の部門を切り離すことができないかをまずは考えるべきでしょう。  法人全体としても返済額を圧縮しさえすれば立ち直る可能性があるのであれば民事再生手続を選択することが考えられますし,法人全体としては立ち直る見込みがなくともその有望部門のみ切り離して他の企業に営業譲渡するといった方法も考えられます。

法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
相続専門サイト 企業法務サイト
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る