Q1 相続人と法定相続分はどのように決まっているのですか?

spacer_line
A (1)被相続人の子及び被相続人の配偶者は必ず法定相続人となります(民法887条1項,890条)。  また,被相続人の子が亡くなっている場合でも,その子(被相続人の孫)が存命のような場合には,その者が法定相続人になります(代襲相続/民法887条2項・3項)。  被相続人の子がおらず,その代襲相続人もいない場合には,被相続人の直系尊属のうち,親等の近い者(被相続人の両親),その者もいないときには被相続人の兄弟姉妹またはこれらの者の代襲相続人も相続人になります(民法889条)。 (2)では,法定相続分はどうなっているでしょうか?  民法900条では,次のように規定されています。  同順位の相続人が数人あるときは,その相続分は,次の各号の定めるところによる。 1  子及び配偶者が相続人であるときは,子の相続分及び配偶者の相続分は,各2分の1とする。 2  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは,配偶者の相続分は,3分の2とし,直系尊属の相続分は,3分の1とする。 3  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは,配偶者の相続分は,4分の3とし,兄弟姉妹の相続分は,4分の1とする。 4  子,直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは,各自の相続分は,相等しいものとする。ただし,嫡出でない子の相続分は,嫡出である子の相続分の2分の1とし,父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は,父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。 (3)たとえば,被相続人(夫)に,妻,長男,二男がいる場合には,夫の両親が存命であったとしても,妻1/2,長男1/2,二男1/2となります。  被相続人(夫)に,妻,夫の両親がいる場合には,妻2/3,夫の父1/6,夫の母1/6となります。  被相続人(夫)に,妻,夫の兄(父母の一方のみを同じくする半血兄弟姉妹),夫の弟(父母の双方を同じくする全血兄弟姉妹)がいる場合には,妻3/4,夫の兄1/12,夫の弟1/6となります。 (4)被相続人(夫)に,妻と長男(非嫡出子)と二男(嫡出子)がいる場合で,既に長男は死亡し,その長男には妻と長男(被相続人の孫)がいるときには,長男の妻には代襲相続をする権利はなく,代襲相続をする者は本来の法定相続人と同じ法定相続分を有するので(民法901条),妻1/2,長男の長男(被相続人の孫)1/6,二男1/3となります。

法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
相続専門サイト 企業法務サイト
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る