Q3 相続人調査はどのようにすればよいのですか?

spacer_line
A (1)遺産分割を行うにも,預貯金を解約(引出)するにも,被相続人の相続人が誰であるかを確定するための戸籍謄本等を提出する必要があります。 (2)その調査(相続人調査)にあたっては,被相続人の出生にまでさかのぼって(場合によってはそれ以前にまでさかのぼる必要があります。)戸籍謄本等を収集し,またその戸籍と現在の相続人の戸籍とが間断なくつながるように戸籍謄本等を収集する必要があります。 (3)戸籍謄本等を間違いなく収集するには,戸籍謄本の電算化のための平成の法改正や大家族が戸籍に載っていた時代から核家族のみに限定する戸籍となった昭和の法改正等も押さえておく必要があり,一般の方ではなかなか大変ですが,遺産分割等の手続を弁護士に依頼されれば,弁護士において収集することが可能です。

法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
相続専門サイト 企業法務サイト
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る