Q6 被相続人の死亡から3か月以上経っていた場合には相続放棄はできないのでしょうか?

spacer_line
A (1)被相続人の死亡の事実自体を知らなかったときや,被相続人の死亡の事実自体は知っていたものの被相続人には債務などないと思っていたのに,被相続人の死亡から3か月以上経ってから,相続人に対して債務の支払を求める督促状が届くような場合もあります。 (2)このような場合であっても,相続人は,被相続人の死亡(相続の開始)を知った時から3か月以内に相続放棄をすることが認められているので,「知った時から3か月以内」といえる場合であれば,家庭裁判所に対して相続放棄申述受理申立てを行い,認めてもらうことができることもあります。  そして,家庭裁判所は,相続放棄の申述を却下すべきことが明らかな場合を除き,受理すべきとされていることがから(東京高決平成22年8月10日家裁月報63巻4号129頁参照),相続放棄の申述を受理してもらうことはそれほど難しいことではありません。 (3)もっとも,「知った時」とは,相続人が相続財産の全部もしくは一部の存在を認識した時または通常これを認識しうべかりし時(最判昭和59年4月27日民集38巻6号698頁)ときわめて限定されており,仮に相続放棄の申述を受理してもらっている場合であっても,債権者から「知った時」から既に3か月以上経過していると主張された場合,敗訴する(債務の支払いを拒めない)可能性はあり得ます。  したがって,被相続人の死亡から3か月以上経つ前に相続放棄の申述受理申立てを行うのが無難であることは間違いありません。

法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
相続専門サイト 企業法務サイト
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る