司法研修所同期同クラスの同期会

spacer_line
2011.3.6
spacer_line

司法研修所同期同クラスの同期会

spacer_line

 昨日は,司法研修所同期同クラスの同期会に参加してきました(T女史をはじめ幹事の方には深く感謝いたします。)。

 この司法研修所の同期同クラスとはなにか,ということですが・・・
 司法試験に合格したからといって,ただちに裁判官,検察官,弁護士のいずれかになれるわけではなく,司法修習を経る必要があります。
 私が受けていたころの司法修習期間は1年半となっていました。
 なお,52期以前,私が58期ですから,私より6年以上先輩の方は司法修習期間は2年でしたが,その後短縮され,今ではもっと短縮されてしまって1年となっています。

 その1年半の修習のうち,最初の3か月が前期修習,その後の1年が実務修習,最後の3か月が後期修習となっていて,前期修習と後期修習は和光市にある司法研修所で,弁護士等として法曹実務に就くための研修を受けていました。
 なお,実務修習地は横浜でしたので,それが縁で川崎総合法律事務所に所属することになったのでした。

 その前期修習,後期修習をともに同じ教室で過ごしたクラスの仲間が集まり,指導教官をお招きして同期会が開かれたのでした。

 司法研修所卒業以来はじめて顔を合わせる仲間も多く,懐かしさをおぼえるだけでなく,非常に楽しく過ごさせてもらいました。
 また,それだけでなく,皆の会話から,同期の仲間が法曹として懸命にがんばっているのがわかり,うれしく思うと同時に,私も負けずにがんばっていかなければならないという思いを新たにすることができました。

ページの先頭へ戻る