輪番停電実施等に伴う混乱

spacer_line
2011.3.15
spacer_line

輪番停電実施等に伴う混乱

spacer_line

 昨日から,首都圏では,輪番停電が実施されることになりました。
 これに伴う大混乱は皆様ご存じのことかと思いますが,昨日だけでも,私や当事務所においても様々な支障が生じました。

 まず,当事務所までの通勤において,最寄り駅の改札口をくぐるまでに約30分並ぶことを余儀なくされました。
 JRが動かないため,自動車による長時間出勤を余儀なくされた大川事務局長はもっと大変そうでしたが・・・

 次に,午前10時からの横浜地裁川崎支部での訴訟期日に赴くと,相手方代理人は到着せず。
 
 そして,午後1時50分からの当事務所入居ビルにおける一斉停電。
 
 それでも当事務所においては通常業務を続ける予定でしたが,京浜急行電鉄が午後3時30分までしか運行しないという情報を入手しました。
 これに伴い,私や当事務所の職員が3月11日(金)同様,「帰宅難民」化する事態が予想されたことから,当事務所において業務を続けることを断念せざるを得ませんでした。

 自宅に帰ってからも業務は続けたものの,事件記録のすべてを持ち帰ることはできないため,どうしても,できる業務は限られてしまいました。

 今後,輪番停電実施継続となった場合,業務に多大な支障が生じることが予想されるため,どのように対策を講ずべきか,頭を悩ませています。

ページの先頭へ戻る