横浜弁護士会常議員となって

spacer_line
2011.4.11
spacer_line

横浜弁護士会常議員となって

spacer_line

 平成23年4月7日,横浜弁護士会館において,平成23年度第1回の横浜弁護士会常議員会が開催され,本年度常議員となった私も出席させていただきました。

 横浜弁護士会会則第72条には,「常議員会に於ては,左記事項を審議する。」と記載され,そこには横浜弁護士会に関する重大事項が列挙されています。
 横浜弁護士会においては,会員全員が出席することが予定されている「総会」というものがありますが,総会決議事項はかなり重大な事項なものに限られています。
 ですので
(私も常議員に選出されたのが初めてなのでよく分からないところも多々ありますが),
月1回以上のペースで開催される常議員会が恒常的に発生する重大事項について議決することが多くなり,その分,個々の常議員が果たすべき役割も大きいものがあるというように思っております。

 第1回目でありながら,さっそく重要議題が審議され,身が引き締まる思いをいたしました。
 
 横浜弁護士会は,神奈川県下全域に事務所を構える弁護士で構成され,会員数1200名を超える,全国6番目の大きさの弁護士会なだけに(東京の3つの弁護士会,大阪弁護士会,愛知県弁護士会の次となります。),果たすべき役割にも大きいものがあるはずです。
 その一員として,何らかの貢献ができるよう頑張っていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る