市町村暴排条例の早期制定を求める横浜弁護士会長声明

spacer_line
2011.7.23
spacer_line

市町村暴排条例の早期制定を求める横浜弁護士会長声明

spacer_line

  平成23年7月7日,「市町村暴力団排除条例の制定を求める会長声明」が発表されました(横浜弁護士会HP「『市町村暴力団排除条例の早期制定を求める会長声明』を発表しました。」)。

 市町村暴排条例の必要性については私も以前当ブログに記載しましたが,その必要性については,上記でさらに詳しく触れられています。
 
 弁護士会においてこのような声明が出されるのはもちろん全国初。
 神奈川県において暴力団排除活動が積極的に進められていることは非常に喜ばしいことです。
 この件では,神奈川新聞や読売新聞にも記事が掲載されました。
 横浜弁護士会民事介入暴力対策委員会委員として上記声明の起案にたずさわり,本年度横浜弁護士会常議員として常議員会において上記声明を承認した際にも立ち会った身としては,喜びもひとしおです。

 これを機に,暴排活動がますます進展していくことを望みます。

ページの先頭へ戻る