岩永修習生,二回試験合格

spacer_line
2011.12.16
spacer_line

岩永修習生,二回試験合格

spacer_line

 裁判官,検察官,弁護士になるためには,司法試験に合格した後,司法修習を経なければならないのですが,その司法修習を終了するための卒業試験が,司法試験に続く二回目の試験ということで,俗に二回試験といわれています。

 その二回試験について,本年度は12月14日(水)に合格発表がありました。
 そして,当事務所での採用を内定している,岩永和大修習生が,無事,その二回試験を突破し,翌15日(木)に弁護士登録を済ませ,じきに当事務所にて弁護士としての職務を開始できることになりました!!

 私が二回試験を受験したころは,1科目だけ不合格となった場合には「留保」といって約3か月後の追試に合格すれば3か月遅れるだけで弁護士登録が可能でしたし,そもそも司法試験の合格者数が今より少ない時代であったこともあり,あまり「留保」や「不合格」も出ていませんでした。
 しかし,今では,1科目だけ不合格となった場合でも「不合格」として1年後の二回試験の全科目の受験を余儀なくされますし,ここ数年は「不合格」者数が膨大な数にのぼっていたので,岩永修習生から結果報告のあったときには,自分のときの合格発表のときよりドキドキしましたが,無事に合格してくれてほっとしております。

 岩永修習生は,すでに横浜弁護士会サッカー部に所属しており,サッカー部所属の当会会員によればサッカーの腕前はかなりのもののよう(おかげで,サッカー部所属の当会会員から,「採ってくれてありがとう。」なんて言われることもありました。)。

 岩永修習生は礼儀正しい好青年ですので,必ずや当事務所の雰囲気をより良くする方向にも役立つでしょうし,サッカーで培った馬力を生かして,今後,当事務所でばりばりと業務をこなしてくれるものと期待しております。

ページの先頭へ戻る