事務所開設から1年

spacer_line
2012.3.20
spacer_line

事務所開設から1年

spacer_line

 私が川崎総合法律事務所から独立し,平成23年3月1日に当事務所を開設してから早や1年以上が経過しました。
 弁護士としての日常業務に加え,弁護士会(横浜弁護士会本会・川崎支部)の活動で日々仕事に追われる生活を続けているため,開設後1年が経過したことについてあまり実感がわきませんが,なんとかやってこられているようには思います。

 事務所開設の際には弁護士は私1人,事務員は川崎総合法律事務所所属時代から苦楽をともにしていた事務員のほか,開設と同時に入所した事務員の3名体勢でしたが,同年6月に新たに事務員(アルバイト)を加え,また同年12月には岩永弁護士が加入し,待望の弁護士複数体制を整えることができました。
 アルバイトの事務員も他の事務員に劣らず非常に優秀で,今月末で退職してしまうというのは,寂しいというにとどまらず,大きな痛手ではありますが,就職という彼にとっての大きな門出に伴うものなので,笑顔で送り出したいと思っています。
 
 4月10日開催予定の横浜弁護士会川崎支部通常総会をもって,3年務めた川崎支部幹事を退任することもあり,より日常業務に励みたいと思っています。

ページの先頭へ戻る