「横浜弁護士会」の名称 3

spacer_line
2012.8.25
spacer_line

「横浜弁護士会」の名称 3

spacer_line

都道府県名,県庁所在地名,地方裁判所名,弁護士会名の関係については,「横浜弁護士会」の名称 1に,そこから読み取れれる事項については,「横浜弁護士会」の名称 1に,それぞれ記載しました。

 以下は,その続きです。

 都道府県の名称と弁護士会の名称が一致する弁護士会は,地方裁判所及び弁護士会が4つ(札幌,函館,旭川,釧路)設置されている北海道と1都に3つの弁護士会(東京・第一東京・第二東京)が設置されている東京を除けば,42にのぼります。
 このうち,都道府県の名称と弁護士会の名称が一致する弁護士会は,都道府県名と県庁所在地名が一致しない県だけでも,14にのぼります。
 他方,都道府県の名称と弁護士会の名称が一致しない弁護士会は,3つです。

 なお,「兵庫県弁護士会」は平成13年4月に「神戸弁護士会」から,「愛知県弁護士会」は平成17年4月に「名古屋弁護士会」から,それぞれ現在の会名に変更しています。

 このように,都道府県の名称と弁護士会の名称を一致させているのが多くを占めており,それに合わせるのが時代の流れのようにも思います。

 また,「横浜弁護士会」HPのトップページには,「神奈川県内に法律事務所を持つ弁護士全員が加入する法定団体です。」などという記載があるのですが,「神奈川県弁護士会」とか「神奈川弁護士会」といった名称であれば,わざわざこのような記載をする必要もなくなるのではないかと思います。


 他方,仮に「横浜弁護士会」の名称を変更するとして,「神奈川県弁護士会」がいいのか「神奈川弁護士会」がよいのかという点に関し,他会がどのような名称になっているかという点については以下のとおりです。

 北海道と東京を除けば,「県」という名称を入れている弁護士会は全部で25,「県」や「府」という名称を入れていない弁護士会は全部で17と,「県」や「府」という名称を入れている弁護士会がやや優勢です。
 しかし,このうち,都道府県名と県庁所在地名が一致しない県に限ってみると,「県」という名称を入れている弁護士会は7,「県」という名称を入れていない弁護士会も同じく7とまったく同数となっています。

 なお,都道府県名と県庁所在地名が一致する都府県のうち,九州には「県」の名称を入れている弁護士会ばかりなのに対し,近畿地方には「県」や「府」の名称を入れていない弁護士会が多いようですが,それ以外の傾向は特に見て取れません。

ページの先頭へ戻る