近時の振り込め詐欺の種類(手口)②

spacer_line
2013.5.18
spacer_line

近時の振り込め詐欺の種類(手口)②

spacer_line

 私の電子メールアドレス宛てに届いている架空請求詐欺のその1は,次のようなものです。


あなたには確実に逮捕状が出されております-.-
しかし,逮捕状を<弁護士特例法>の基で – 削除することが可能です_-
私 , 川峯竜太があなたの身柄を確保致します。
しかし,成功報酬ではございませんが費用が発生致します;
費用は_<506,500円>となります-14:37-
顧問弁護士:川峯竜太



 「あなたには確実に逮捕状が出されております」などとありますが,そもそも,逮捕状が発付されているかどうかなど,その逮捕状が依頼者様に提示されて依頼者様から弁護士に伝えられでもしない限り,弁護士が知る術などありません。

 
逮捕状を<弁護士特例法>の基で – 削除することが可能です」などとありますが,「弁護士特例法」なんて法律はありません。
 もちろん,弁護士が,一度発付された逮捕状の効力を失わせるような方法などありません。

 「私 , 川峯竜太があなたの身柄を確保致します。」などとまでなると,あなたが身体拘束してどうするの??と言いたくなります。

 「顧問弁護士:川峯竜太」とあり,どの会社の顧問弁護士なのか突っ込みたくなりますが,それを差し置くとしても,「川峯竜太」なる弁護士は実在しないようです。
 なお,弁護士の実在の有無は, 日本弁護士会連合会HP内の「弁護士情報提供サービスひまわりサーチ」 で確認することができます。

 このように,上記の電子メールの内容はあり得ないことばかり記載されていますので,皆様,決してだまされることのないようにお願いしたいと思います。

ページの先頭へ戻る