第7回高校生模擬裁判選手権 4

spacer_line
2013.8.20
spacer_line

第7回高校生模擬裁判選手権 4

spacer_line

 今回の模擬裁判選手権の題材において,被告人が犯人であることを裏付ける証拠は,主として次の2つになります。
① 博を殴るのに用いられた(凶器の)ガラス製灰皿に被告人の指紋が付着している
  こと
   (しかも,この指紋の付き方が,この灰皿を用いて博を殴ったのでなければ付着
    しようのないものとなっている)
② 死亡推定時刻の直前に,被告人が博に対して怒鳴りつける声を見田奈々子が
  聞いたこと

 ほかにも,
③ 特段の用事もないのに被告人が本件犯行現場である自宅を離れ,数日間も遠く
  離れた関西の大学の近くのインターネット・カフェにて過ごしていたこと
④ 被告人がインターネット・カフェで「明日田博」と被害者名での検索をしていること
⑤ 博が集金していた町内会費(集金袋)の中身(お金)が抜き取られていること
⑥ 被告人が博を恨んでおり,殺害の動機があること
などもあるのですが,被告人と犯人を結びつける証拠としてはいずれも弱く,これらの事項に気をとられすぎると時間がなくなってしまうように設定されていると感じるものでした。

 ①の点の灰皿の指紋の付着した状況は,以下の画像のとおりとなっています。

 この写真の黒塗り部分(①は灰皿の外側,②から⑤までは灰皿の内側)から,対照可能な指紋が検出されています。
 また,被告人の指紋と照合したところ,以下のとおり,被告人の左手の指紋と一致しています。
   黒塗り①部分:被告人の左手親指
   黒塗り②部分:被告人の左手人差し指
   黒塗り③部分:被告人の左手中指
   黒塗り④部分:被告人の左手薬指
   黒塗り⑤部分:被告人の左手小指

 なお,上記黒塗り部分以外からも,人のものと思われる指紋らしきものの付着が認められたが,対照可能な指紋は検出されていません
(被告人の指紋とも,被害者の指紋とも,その他第三者の指紋と判別できていません。)。



 

ページの先頭へ戻る