4 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)(7)暴対法第9条に掲げる暴力的要求行為

spacer_line

4 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)(7)暴対法第9条に掲げる暴力的要求行為

暴対法第9条は,「指定暴力団等の暴力団員(以下「指定暴力団員」という。)は,その者の所属する指定暴力団等又はその系列上位指定暴力団等(当該指定暴力団等と上方連結(指定暴力団等が他の指定暴力団等の構成団体となり,又は指定暴力団等の代表者等が他の指定暴力団等の暴力団員となっている関係をいう。)をすることにより順次関連している各指定暴力団等をいう。以下同じ。)の威力を示して次に掲げる行為をしてはならない。」と定め,以下の各号の行為を禁止しています。


 人の弱みに付け込む金品等要求行為(1号)

 不当贈与要求行為(2号)

 不当下請等要求行為(3号)

 みかじめ料要求行為(4号)

 用心棒料等要求行為(5号)

 高利債権取立行為(6号)

 不当債権取立行為(7号)

 不当債務免除要求行為(8号)

 不当貸付要求行為(9号)

 不当金融商品取引要求行為(10号)

 不当自己株式買取等要求行為(11号)

 不当預貯金受入要求行為(12号)

 不当地上げ行為(13号)

 競売等妨害行為(14号)

 不当宅地等取引要求行為(15号)

 不当宅地賃借等要求行為(16号)

 不当建設工事要求行為(17号)

 不当施設利用要求行為(18号)

 不当示談介入行為(19号)

 因縁を付けての金品等要求行為(20号)

 不当許認可等要求行為(21号)

 不当許認可等排除要求行為(22号)

 不当入札参加要求行為(23号)

 不当入札排除要求行為(24号)

 談合入札要求行為(25号)

 不当公契約排除要求行為(26号)

 不当公契約下請等あっせん要求行為(27号)


報酬規定についてはこちら

法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る