(19)後遺症慰謝料

spacer_line
ア 後遺症慰謝料表一覧  後遺症慰謝料について,(A)自賠責保険支払基準,(B)旧任意保険統一支払基準及び(C)赤本基準について一覧にした表を添付します(なお,参考までに,(B”)某任意保険会社における慰謝料の基準も一覧としています。)。  なお,(A)自賠責保険支払基準,,(B)旧任意保険統一支払基準,(B”)某任意保険会社の基準については,それぞれ,以下のイ~エに記載する修正要素があれば,その分だけ修正されることになっています。 「後遺症慰謝料」 ※携帯電話からご覧になれない方は、お手数ですがパソコンよりご覧下さい。 イ (A)自賠責保険支払基準について  自賠責保険については,次のような場合,慰謝料表が修正されることが規定されています。 (ア)① 自賠法施行令別表第1の該当者であって被扶養者がいるときは,第1級については1,800万円とし,第2級については1,333万円とする。  ② 自賠法施行令別表第2第1級,第2級又は第3級の該当者であって被扶養者がいるときは,第1級については1,300万円とし,第2級については1,128万円とし,第3級については973万円とする。  (イ)自賠法施行令別表第1に該当する場合は,初期費用等として,第1級には500万円を,第2級には205万円を加算する。 ウ (B)旧任意保険統一支払基準について  (B)旧任意保険統一支払基準については,次のような場合,慰謝料表が修正されることになっています。  自賠法施行令別表第1に該当する場合または別表第2第2第1級,第2級又は第3級の該当者であって,父母(養父母を含む。),配偶者(内縁を含む。),子(養子を含む。)のいずれかがいる場合は,第1級については1,800万円,第2級については1,400万円,第3級については1,100万円を認めます。 エ (B”)某任意保険会社の基準について  (C)某任意保険会社の基準については,次のような場合,慰謝料表が修正されることになっています。  ① 自賠法施行令別表第1の該当者であって第1級,第2級に該当する者で,父母,配偶者,子のいずれかがいる場合は,第1級については1,800万円~妥当な額,第2級については1,333万円~妥当な額  ② 自賠法施行令別表第2の該当者であって第1級,第2級に該当する者で,父母,配偶者,子のいずれかがいる場合は,第1級については1,300万円~妥当な額,第2級については1,128万円~妥当な額 オ 比較  (A)自賠責保険支払基準にせよ,(B)旧任意保険統一支払基準にせよ,(B”)某任意保険会社の基準にせよ,仮に重篤な後遺症が残ったり,被扶養者がいたりする場合で慰謝料金額が修正されて増額となったとしても,(C)赤本基準に比べると,著しく低額にとどまっています。

法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る