(5)後遺症による逸失利益の算出例

spacer_line
 たとえば,先の基礎収入額(年収)500万円の被害者の方が自賠法施行令別表第2第11級に該当する後遺障害を負って労働能力喪失率について20%と認められた方が,労働能力喪失期間が15年と判断されたとします。    後遺症による逸失利益は,前述のとおり,次の計算式により計算されます。  後遺症による逸失利益 =基礎収入額×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数  この例では,後遺症による逸失利益の金額は,以下のように算出されます。  5,000,000(基礎収入額(円))×0.20(労働能力喪失率)×10.3797(労働能力喪失期間15年に対応するライプニッツ係数) =10,379,700(円)

法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る